農地を大切に

先人により拓かれた農地は、食料を生産するだけなく美しい農村景観を生み出す大切な 資源です。

近年、神奈川県内では農地の荒廃化が進んでおり、清川村でも深刻な問題となっています。

荒廃化した農地は、雑草などが覆い茂り、ヤマビルや蚊などの病害虫が繁殖する原因にもなっています。

農業委員会では、有害鳥獣による農作物への被害やヤマビルによる吸血および精神的苦痛などの多大な被害を受けていることが、農業生産者の耕作意欲喪失や耕作放棄の大きな要因であると考え、毎年、有害鳥獣対策およびヤマビルの駆除・被害防止対策について神奈川県農業会議を通じて神奈川県に建議しています。

また、大切な農地への産業廃棄物や土砂の投棄などの防止対策も清川村と協力して進めています。

農地を所有されている方は、村の営農環境を守るため、営農、草刈など限りある大切な農地の保全に努めていただきますようご理解、ご協力をお願いします。

この記事に関するお問い合わせ先

清川村農業委員会事務局

〒243-0195 神奈川県愛甲郡清川村煤ヶ谷2216
清川村役場1階
電話番号046-288-3864 ファックス:046-288-1909

更新日:2019年06月05日