社会資本整備総合交付金

社会資本整備総合交付金

 社会資本整備総合交付金は、地方公共団体等が行う社会資本の整備その他の取り組みを支援することにより、交通の安全の確保とその円滑化、経済基盤の強化、生活環境の保全、都市環境の改善及び国土の保全と開発並びに住生活の安定の確保及び向上を図ることを目的として平成22年度に国土交通省により創設された交付金です。

社会資本整備総合計画の公表

 地方公共団体は、目標や目標実現のための事業等を記載した「社会資本総合整備計画」を作成し、国に提出します。(計画期間はおおむね3〜5年)
 国は、毎年度、これらの計画に基づき交付額を算定して交付金を交付します。計画期間の終了後は、各地方公共団体自ら事後評価を行い公表します。
 整備計画については、次のファイルをご覧ください。

この記事に関するお問い合わせ先

清川村まちづくり課

〒243-0195  神奈川県愛甲郡清川村煤ヶ谷2216
清川村役場1階
電話番号046-288-3862 ファックス:046-288-1909

更新日:2018年12月10日