地域包括支援センターについて

平成18年4月1日の介護保険制度改正により、「地域包括支援センター」が創設されました。
高齢者の方が健康でいきいきと地域のなかで役割を担っていただけるよう介護予防事業や、高齢者の健康や生活に関する各種相談をお受けし、さまざまな制度や地域資源を利用し総合的に支援します。清川村は、直営方式で保健福祉課内に設置しています。

専門職の配置状況(平成31年4月現在)

配置状況詳細
職種 人数
主任介護支援専門員・保健師 1人
社会福祉士 1人

業務内容

業務内容詳細
区分 業務内容
介護予防ケアマネジメント
  • 基本チェックリストなどの情報をもとに、介護予防事業対象者の把握、必要な介護予防事業への参加の促し、介護予防事業参加者のアセスメントやケアプランなどをご本人と相談しながら作成します。
  • 介護保険制度で「要支援1・2」と認定された方のケアプランを作成します。

介護認定で、「要支援1・2」と認定された方については、ケアマネジャーは地域包括支援センターの職員が担当となります。

総合相談・支援 介護保険だけでなく、高齢者の健康や生活に関する各種相談をお受けし、さまざまな制度や地域資源を利用した総合的な支援を行います。
権利擁護・虐待予防と早期発見 高齢者(障害者)の人権や財産を守る権利擁護や虐待防止の拠点として、成年後見制度の利用や虐待の早期発見・予防を進めていきます。
包括的・継続的ケアマネジメント事業 地域のケアマネジャーが抱える支援困難事例への助言指導や医療・保健・福祉などの関係機関とのネットワークづくりをします。
この記事に関するお問い合わせ先

清川村保健福祉課

〒243-0195  神奈川県愛甲郡清川村煤ヶ谷2218
清川村保健福祉センターやまびこ館
電話番号046-288-3861 ファックス:046-288-2025

更新日:2021年03月18日