請願・陳情の手続き

請願・陳情の手続き

請願・陳情の提出

村政についての意見や要望があるときには、どなたでも請願書や陳情書を村議会に提出することができます。

提出された請願書又は陳情書は、年4回開会される村議会定例会において審査等の対象となります。定例会が開会される時期は、3月、6月、9月、12月です。

請願書又は陳情書は、事務手続の都合から、定例会ごとに提出の締切日を設けています。この締切日を過ぎて提出されたものは、原則的には次期定例会の審査等の対象となります。
定例会ごとの提出締切日は、定例会開催前に行われる議会運営委員会開催日(定例会前月の25日頃)の5日前(土日祝日を除く)までとなりますが、具体的には議会事務局までお問い合わせください。

提出された請願又は陳情は、委員会で審査し、本会議で採択又は不採択などを決定して、その提出者に結果を通知します。そして、採択と決定したときは、議会の権限に属するものについてはそれぞれ必要な措置を取り、また、村長その他の執行機関の権限に属するものについては、それぞれの機関に送付いたします。

請願・陳情の審査順序

請願・陳情の審査順序図解

請願・陳情の提出方法

請願又は陳情の趣旨、理由、提出年月日、提出者の住所、氏名(法人の場合は所在地、名称、代表者名)、電話番号を記載の上、押印(請願には紹介議員の署名が必要です。)し、議会議長あてに提出することになっています。

請願書・陳情書の書き方例 請願又は陳情の書式については、特に決まっていませんが、次の様式例を参考に作成(文書の整理上、用紙の大きさはA4判で縦長・横書きとし、上下の余白を35ミリメートル以上設けるようお願いします。)し、提出してください。

請願書又は陳情書の様式例
請願書又は陳情書の様式例図解

記載上の注意

  • 本文には、請願又は陳情の趣旨を簡単明瞭に書いてください。また、内容が幾つかにわたるときは、内容ごとに別の請願又は陳情としてください。例えば、道路問題と学校問題など複数のものを一つの請願(陳情)書にすることは避けてください。また、道路、上下水道など場所を明示する必要のあるものは、現地の見取り図等を添えてください。
  • 請願(陳情)者が多数の場合は、代表者名を記載し、ほか何名(賛同者の名簿添付)と記載してください。
  • 請願(陳情)書には、その内容に賛同する議員1名以上(例は1名となっています。)の紹介が必要で、書き方例(表紙)のように、紹介議員の署名、押印を得て提出してください。
この記事に関するお問い合わせ先

清川村議会事務局

〒243-0195 神奈川県愛甲郡清川村煤ヶ谷2216
清川村役場3階
電話番号046-288-1576 ファックス:046-288-1767

更新日:2019年02月28日