建築・開発行為

清川は、全域が都市計画法による都市計画区域外の地域であり、その土地利用については、村土の利用と保全のバランスを図るため、「清川村特定地域土地利用計画」により計画的な土地利用を推進しています。

開発行為(土地の区画形質の変更や建築物の建築)の規模によっては、清川村開発指導条例や神奈川県土地利用調整条例などが適用される場合がありますので、事前にお問い合わせをお願いします。
ホテル等(旅館業法に規定されているホテル営業、旅館営業または簡易宿泊所営業の用に供する施設)の建築行為については、「清川村ホテル等建築の適正化に関する条例」が適用され、条例に基づく諸手続が必要となります。

また、村土全域が丹沢大山国定公園及び県立丹沢大山自然公園に指定されていますので、建築行為などについては、自然公園法や神奈川県立自然公園条例の許可手続のほか、森林法に基づく伐採届や林地開発の許可申請が必要となる場合があります。

村内での建築物の開発行為などについては、建築基準法に基づく建築確認申請が必要となりますが、建築物に係る制限は、一部地域(自然公園法や神奈川県立自然公園条例による特別地域)を除き、神奈川県建築基準条例が適用されます。

  • 建築・開発行為全般・自然公園関係
    お問い合わせ先 まちづくり課 電話 046-288-3862
  • 建築確認申請関係
    お問い合わせ先 神奈川県厚木土木事務所 計画建築部 まちづくり・建築指導課 電話 046-223-1711(代表)
この記事に関するお問い合わせ先

清川村まちづくり課

〒243-0195  神奈川県愛甲郡清川村煤ヶ谷2216
清川村役場1階
電話番号046-288-3862 ファックス:046-288-1909

更新日:2019年11月27日